08
4
9
12
21
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ジャンボソフト/道の駅びえい「丘のくら」

ジャンボソフト/道の駅びえい「丘のくら」

美瑛町にある道の駅「丘のくら」で提供されているソフトクリーム。
当初は『青い池ソフトクリーム』だけの予定でしたが、いざレジ前に行くと『ジャンボソフト』のポスターが…!
しかもただ大きいだけではなく地場牛乳のソフトとのこと、これは戴かないわけにはいきません←妙な使命感w

同店で提供されている『びえい牛乳ソフト』(¥300-)の2倍ボリュームとのこと。
濃厚ではありませんが牛乳感のしっかりした味わいですね。
コーンは珍しく日世No.8ワイドトップコーンが使われています。

お値段は¥500-、同じものでレギュラーサイズは¥300-・ミニサイズは¥250-とお手頃なのも嬉しいですね。
それにしても最近各地で大きめソフトクリームを見かけることが増えました。
大きいことはいいことだ~♪

【道の駅びえい「丘のくら」】
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2854/
スポンサーサイト

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

青い池ソフトクリーム/道の駅びえい「丘のくら」

青い池ソフトクリーム/道の駅びえい「丘のくら」1

ドライブの際に美瑛町の道の駅「丘のくら」に立ち寄りました。
こちらでは町の観光名所である”青い池”をイメージしたソフトクリームを戴くことが出来ます。
その名も『青い池ソフトクリーム』(¥500-)です。

こちらも地元フリーペーパー・ライナーのソフトクリーム特集を見て行ったのですが、実物は似ても似つかない色合いで、お店を間違ったのかと焦りました
見た目は日本人には馴染みのないどぎついブルーですが、食べてみると身体に良さそうなヨーグルト味。
Shop Aasahiyama Parkさんで戴いたヨーグルトソフトと比べるとヨーグルト度は下がりますが、爽やかで美味しいソフトです。
サーバーもコーンも日世のもの(コーンはNo.1フレアートップコーン)が使われていました。

こちらが提供されているのは物産&軽食コーナーのレジですが、同じ建物の別の場所(併設のホテル?)では『クレミア』も提供されています。
が、同じ¥500-ならばここでしか食べられない此方を強くお勧めしますね。

【道の駅びえい「丘のくら」】
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2854/

*続きを読む*

テーマ : こんなの食べてみました。
ジャンル : グルメ

チュチュソフト/コーヒーハウス チュチュの家

チュチュソフト/コーヒーハウス チュチュの家

新富良野プリンスホテルの施設”ニングルテラス”にある”チュチュの家”さんにお邪魔してきました。
ホテル建物内ではなく駐車場横の森の中にあるログハウス型の店舗群が”ニングルテラス”であり、その中にあるお店の一つがこちらです。
一味変わったソフトクリームが味わえるとのことで、宿泊客でも周辺観光をするわけでもないのにわざわざ出掛けて行きましたw
お目当ての『チュチュソフト』は¥330-です。

カフェオレをさらに淡くしたようなほんのり茶色を帯びたソフトにパンプキンシードがトッピングされています。
ソフトはピーナツバターとアーモンドを混ぜ込んだというオリジナルで、濃ゆいというほどではないもののしっかりと独特の風味が溶け込んでいます。
炒られることでぷっくりと膨らんだパンプキンシード(かぼちゃの種)のカリカリ食感も良いですね。
フリーザーはSANYO・コーンはキンドリーフーズ製QUEEN TOPでした。

珍しくて美味しかったのですが、チラシに掲載されていた写真はもっと高さがあって美しかったので、実物は写真の通りというのがちょっと残念でした。

【Coffee House チュチュの家】
http://www.princehotels.co.jp/newfurano/restaurant/tutu/

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

プチパーティー/ばすすとっぷ

プチパーティー/ばすすとっぷ

富良野市にある”フラノマルシェ”に行ってきました。
直売所やご当地グルメのお店を集積した、道の駅のような施設です。
例年ドライブ時の参考にしているソフトクリームラリーのチラシを参考に、地場素材のソフトクリームを求めて”ばすすとっぷ”さんにお邪魔しました。

最初は普通にソフトクリームを頂こうと思ったのですが、フレーバーがふらの牛乳・ラベンダー・にんじんと3種類あり、後の予定もあるし全種類というのはお財布的に厳しいところ。
が、嬉しいことに3種盛りの『プチパーティー』というメニューが。
これだ!と思って戴くことにしました。
お値段は¥500-です。

柔らかいプラスティック容器にコーンフレークを入れ、3種類のソフトクリームを盛ってあります。
全て『ふらの牛乳』がベースとなっており、濃厚ながら後味さっぱりのクリーミーな口どけが特徴とのことですが…
”ふらの牛乳”は、ミルク感はなくミルクというよりバニラ味です。
”ラベンダー”はほんのりハーブを感じますが、注意深く味わわないと”ふらの牛乳”との差を感じずに終わってしまいそうです。
”にんじん”は最も味が濃く、キャロットゼリーのような味わいでソルベ系のテクスチャです。
フリーザーはSANYOなので、牛乳とラベンダーは確かに見た目通り滑らかですね。
にんじんは美味しかったのですが、牛乳とラベンダーは要素が弱いというか薄いというか…
富良野ブランド=美味しいというイメージがあったので期待していたのですが、私には物足りなかったです。

ソフトクリーム以外にもソフト&アイス&トッピングを混ぜ合わせた『まぜアイス』やクレープも扱われていました。
予約でアイスケーキも受け付けている模様で、街で愛されるスイーツショップなのかもしれませんね。

【ばすすとっぷ】
https://www.facebook.com/Furanomarche.Busstop/

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

さくらんぼと大吟醸のパフェ/ななかま堂

さくらんぼと大吟醸のパフェ/ななかま堂1
さくらんぼと大吟醸のパフェ/ななかま堂2
さくらんぼと大吟醸のパフェ/ななかま堂3

今年オープンした夜パフェ専門店“ななかま堂”さん。
リゾット専門店“リゾッテリアガク”やパフェ専門店“パフェテリアパル”の系列店で、ノルベサの裏辺りにある藤井ビルの2階奥にあります。
チェックだけしていたお店の1つでしたが、porocoにクーポンが出ていたのでこの機会にとお邪魔してきました。

パフェは期間限定も含めて5種類で単品¥1,300-~¥1,600-、お飲み物とのセットは+¥300-(種類によっては追加料金あり)です。
今回は『さくらんぼと大吟醸のパフェ』(単品¥1,300-)を選びました。

(下から)
上のパリパリは甘くなく、餃子の羽根のような感じ。
求肥も甘さ控えめです。
大吟醸のジェラートはさっぱり。
ソフトクリームは更に軽いですね。
でもクランブルと絡めると、バターの力もあってかミルク感が際だって美味しいです。
底の方にも入っていますが、サクホロ食感と焦がしたバターと粉の風味がたまりません。
日世の卓上一口タイプのようです。
寒天も大吟醸らしいですが、冷えていることもあり私の馬鹿舌では味が良くわかりませんでした…。
さくらんぼは丸ごと8粒と沢山使われているのが嬉しいですね。
木苺のムースも酸味があり、ふわっとした本格的なムースで良かったです。

カウンターに座りましたが、トールグラスだと食べにくいです
お店は清潔で煙草臭さもなく、お店の方も感じが良かったです。
また、テイクアウト専用パフェも店内とは違うラインナップであるようでした。

【ななかま堂】
https://www.facebook.com/parfait.shop.nanakamadou/

*続きを読む*

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

プロフィール

アントワネット

Author:アントワネット
三度の飯よりスウィーツが好き。
ロールケーキに巻かれて果てるのが夢……と言いつつアイスクリームに溺れるのもいいなと思っている。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR