06
15
17
27
29
30
   

ピスタチオ・レッドカラント・プロヴァンスのバラ/チーズマーケット

ピスタチオ・レッドカラント・プロヴァンスのバラ/チーズマーケット

すすきのにある”チーズマーケット”さんでジェラートを戴きました。
店名通りチーズ専門店で個人だけではなく飲食業の方がお店で出すチーズやドライフルーツを買いに来るようなお店なのですが、数年前からジェラートも提供されています。
フレーバーは最大6種類でカップのみ・3フレーバーまで選べて¥380-(ピスタチオが入ると¥460-)です。
今回のセレクトはピスタチオ(右上)・レッドカラント(左下)・プロヴァンスのバラ(右下)、図らずもトリコローレになりました。

ピスタチオ…イタリアの原料を使用。
以前は店頭で販売されていたブロンテ島産皮付きピスタチオが使用されていましたが、色が変わった?と思ったら原料が変わったようですね。
濃くて甘~く柔らかめです。

レッドカラント…赤すぐり・グロゼイユなどと呼ばれる小果実。
ケーキの飾り(ナナカマドくらいの酸っぱいアレ)では割とよく見かけますがジェラートは珍しいですね。
見た目以上に風味がしっかり、酸味も強いです。
しゅわっとしたテクスチャが面白く、酸味が苦手でなければお勧めです。

プロヴァンスのバラ…ローズペタル入りで、蜂蜜のような甘さのあるフレーバー。
同店では大きな缶に入った薔薇ジャムも販売されているので、そちらが使われているのだと思います。
一口目に戴くとふんわり薔薇が香りますが、他フレーバーを口にしてからだとほとんど感じられなくなってしまうのが勿体ないと思いました。

全体的に甘さが強く柔らかめです。
面白いのは同店では普通のバニラやミルクといったフレーバーがあまり出ていないこと。
一期一会なフレーバーも多いので、また近くを通った際には覗いてみたいと思います。

【チーズマーケット】
http://www.cheesemarket.jp
スポンサーサイト

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

宇治抹茶の絹クレープ/不二家

宇治抹茶の絹クレープ/不二家

日本人が持ち前のアレンジ力(いいとこどり力)で生み出したスイーツ・ミルクレープ。
専門店が存在する反面、数あるラインナップの一つとして扱うお店は少ないケーキです。
更に理想のものとなるとなかなかないので常に探しているものでもあるのですが、今回は不二家さんで抹茶味が出たと聞いて買いに行きました。
『宇治抹茶の絹クレープ』(¥400-)です。

スポンジを土台に、抹茶クリームとクレープ生地を重ねてあります。
クリームは抹茶ですがクレープ生地とスポンジはプレーンです。
天面にはカラメルソースで縞模様が描かれています。
抹茶の風味もそこそこありクリームのたっぷり加減も好いのですが、底のスポンジに人工的な甘さを感じてしまって他に集中できないというか、すべてを台無しにしてしまっているように思います。
これは…ローソンの『20層のミルクレープ』を食べた時と同じ感想なのですが、不二家さんなので似たような配合で作られているのでしょうか?

以前戴いた普通のミルクレープは美味しかったのですが、商品が変わったのか私の味覚が変わったのかこちらの商品だけ違うのか…とにかく残念でした。

【不二家】
https://www.fujiya-peko.co.jp/

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

チョコミントパフェ/ミッシュハウス


チョコミントパフェ/ミッシュハウス

札幌市中央区・伏見にあるパフェ専門店”ミッシュハウス パフェテリア”さん。
同店では通常メニュー・4か月ごとの季節メニューの他月替わりのパフェというのが存在します。
今回は6月の限定メニューである『チョコミントパフェ』をオーダーしました。

(下から)ミントゼリー・チョコレートムース・チョコミントアイスクリーム・ミントゼリー・ソフトクリームという構成で、巻きチョコとミントが飾られています。
トップはミルキーな味わいながらすきっと爽やかなソフトクリーム。
ミントの葉はフレッシュで、ソフトと一緒に食べても美味しい~♪
(個人的にミントとミルクの組み合わせが好きです。ただし美味しいものに限る・笑)
ゼリーもわざとらしくないフレーバーで、見た目も涼しげで綺麗ですね。
昔ゲームセンターに似たようなものがあった気がします(笑)
アイスクリームに混ぜ込まれているチョコはランダム、ムースとの境目に少しだけコーンフレークが入っていました。
ムースはビターでなかなか本格的です。
チョコミントのパフェは珍しいですし、アイスクリームが市販のラクトアイスではなく手作りアイスクリームで美味しいというのが良かったです。

丸井今井札幌店にもお店がありそちらでも月替わりパフェは提供されていますが、内容が違うとのこと。
7月は『ココパインパフェ』(パインシャーベット&果肉とココナッツプリン)・8月は『マンゴーフルーツパフェ』(マンゴーアスとパンナコッタにマンゴーゼリー)だそうです。
札幌は行きたいお店が多すぎるのが嬉しい悩みですが、こちらは是非再訪したいお店の一つです。

【ミッシュハウス】
https://www.missu-house.com/

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

エスプレッソパフェ/ミッシュハウス

エスプレッソパフェ/ミッシュハウス

1985年から30年以上にわたりアイスクリーム専門店として営業されている”ミッシュハウス”さん。
丸井今井札幌店にも直営店があるのですが、今回は本店の方にお邪魔しました。
本店は2階建てで1階が工房とアイス&ソフトクリームのテイクアウト専門店、2階がパフェのイートイン専門店になっています。
丸井今井店でもパフェは扱われていますが内容が全然違うので折角ならとパフェテリアへ。
通常メニューにも気になるものはありましたが、3~6月限定の季節メニュー『エスプレッソパフェ』(¥850-)を戴きました。

(底から)コーヒーゼリー・珈琲プリン・コーンフレーク・アイスクリーム・ソフトクリームと積み上げ、エスプレッソソースとチョコレートがトッピングされています。
ソフトクリームはフレッシュミルクという味わいでさらりとしていますが溶けやすいということはありません。
エスプレッソソースともバランスが良いのですが、メニュー写真では下のアイスにもかかっていたので同じくらいかけてほしかったです。
アイスはノーマルな”牛乳”フレーバーだと思いますが、コーヒー要素と合わさるとチーズ(ティラミス)っぽく思えてしまうのが人間の舌の面白いところですね。
コーンフレークはアイスとプリンをセパレートするため僅かに使われているだけなので嫌味がありません。
プリンやゼリーも驚くようなものではありませんが無難に美味しく戴きました。

ほどほどにボリュームもありお値段も適正ではないでしょうか。
全ての要素がお店で手作りされているというのも評価できると思います。
『アールグレイパフェ』と迷ったのですが、2人で来られている方々はこの2つの組み合わせというのが非常に多いように見受けられました。

【ミッシュハウス】
https://www.missu-house.com/

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

八女抹茶・きなこ黒糖/久世福商店

抹茶・きなこ/久世福商店1
抹茶・きなこ/久世福商店2

グルメ系セレクトショップ”久世福商店”さん。
加工・包装された商品だけではなく『和ジェラート』や『おとうふドーナツ』などのナマモノも提供されています。
オープン当初は行列していましたが今は実に涼やかなもので、ここも行っておかないといつなくなるかわからないなぁと余計なことを考えつつ、外さなさそうな2フレーバーを戴きました。

八女抹茶…最も『和ジェラート』らしいかと思って選んでみました。
福岡県で生産される”八女茶”が使われており、それほど濃い!というわけではありませんが食べ続けても弱まらない芯のある抹茶の香りが感じられます。

きなこ黒糖…抹茶と合わせて和風フレーバーをセレクト。
きなこは黒胡麻・コーヒーと並んで要素の強いフレーバーだと思いますが、こちらはさほど強くないので他フレーバーとのバランスは取れていますね。
お餅も入っているとのことですが僅かだったので、これなら無くても良いのではと思いました。

個人的にはもっとフレーバーの強さと盛りが欲しいところですが、お店のメインターゲットと思われるシニア世代の方に合わせて作られているのかもしれませんね。
シングル¥380-・ダブル¥480-でカップorワッフルコーンが選べますが、こちらのフレーバーでワッフルコーンだと甘さと香ばしさに負けてしまう気がします。

【久世福商店】
http://www.kuzefuku.jp/

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

プロフィール

アントワネット

Author:アントワネット
三度の飯よりスウィーツが好き。
ロールケーキに巻かれて果てるのが夢……と言いつつアイスクリームに溺れるのもいいなと思っている。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR