FC2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

おやつ屋さん(2019年5月)/六花亭






先月壊れたPCがどうにもならず代わりも買えないので更新が滞っておりますが、一応スウィーツ活動?は日々続けております。
さて、今月の六花亭『おやつ屋さん』は、天皇陛下の譲位と即位を祝うお祝いスイーツの詰め合わせです。
(写真左から)ガレット・デ・ロワ、紅白饅頭、ザバイオーネ。
例月通り4点入りですが、今回は大小2点ずつです。

平成担当?のガレット・デ・ロワはフランスで新年を祝うエピファニーに食べるパイ菓子。
フェーヴは入っていませんが、アーモンドプードルはちゃんとラム酒の香りがします。
冷蔵なのでパイはしっとりとしていました。

日本の慶事で用いられる紅白饅頭は、しっとりとした上用生地でそれぞれ粒餡と漉し餡を包んでいます。
卒業やお店の記念行事で配られる紅白饅頭は大福だったと記憶していますが、劣化しやすいのでこちらが採用されたのでしょうか?
個人的に桜餅でもなんでも粒餡が好きなのですが、今回も特に紅の方を気に入りました。

令和担当?はザバイオーネ。
私の中ではビスコッティや苺と合わせて戴く卵黄クリームのイメージでしたが、こちらはムース仕立てで苺のコンフィとスポンジを合わせてあります。
六花亭の苺コンフィは食感も良いし味もはっきりしていて好みです。
こちらは苺のティラミスっぽいところも好かったです。

スポンサーサイト

イタリアンミルク/no rain,no rainbow



美園にあるソフトクリーム店“no rain,no rainbow”さん。
コーヒーやトッピングソースとの相性を楽しむソフトクリーム店です。
ソフトクリーム自体もその時々でラインナップが変わり、この日は『北海道ミルク』と『イタリアンミルク』とのこと。
どちらも興味を引かれたので両方オーダーしてみました。
こちらはイタリアンミルクです。

イタリアの牛乳を(多分)飲んだことがないのですが、しゃりっとしたテクスチャ&さっぱりとした味わいです。
一口目は悪くないのですが、食べ進めていくと舌が慣れてしまって旨味や甘みが麻痺してしまいますね。
盛った後に重さを量って付くなおす様子が見えたのもちょっと興醒めかも…
そうこうしているうちにもコンディションが変わってしまうのが残念でした。

北海道生乳使用!と謳っているお店は多いですが、それ以外は物産展くらいでしか味わう機会がなく、ましてや海外物はまずないので貴重な経験でした。

【no rain,no rainbow】

ピスタチオ/ジェラテリアホワイト



札幌市中央区にある“ジェラテリアホワイト”さん。
中央区といっても街中ではなく市電ロープウェイ入口近く(割と南)にあります。
オープンは昨年12月末と比較的新しいですが、Cafe Blueというお店の姉妹店ということもあり老若男女関係なく、お客さんが切れ目なく訪れています。

ジェラートは12種類あり、シングル(¥430-)・ダブル(¥500-)・トリプル(¥580-)でコーンは有料(+¥20-)。
一部のフレーバーは所謂プレミアムフレーバーで金額加算があります。
私が今回選んだ『ピスタチオ』もその1つです。

ピスタチオは加算ありというお店は多いですが、何とこちらでは+¥200-します。
…最初、見間違いかと思いました😅
ダブルやトリプルにすると1種類あたりの量は減ってしまうので、シングルにするのがオススメです。
また、最後に生クリーム(パンナ)を載せても良いか訊かれたのでお願いしました。

一口食べてシチリア産だとわかる風味で濃厚な味わい。
砕いたピスタチオも沢山混ぜ込まれていて、これならば加算されるのも納得です。
パンナも上質なクリームで美味しい♪
出費は決して軽くありませんが、濃厚なピスタチオフレーバーが好きな人ならば後悔はしないと思いました。

テイスティングもさせて下さるので、さっぱり系とか濃厚系とか好みに合うものが見つけやすいと思います。
ミルクフレーバー(ホワイト)はノーマルと濃厚と2種類ありますが、食べ比べても面白いですね。

店内は白を基調としておりスタンディングカウンターとテーブル席がありますが、いずれもサクッと食べて退店するべきなのと、騒いだり泣いたりする子供を連れての訪店は控えるべきかと。
スタンディング席からはお庭や向かいのカフェもみえ、予想以上に良いお店でした。

お花見パフェ/ジェラテリアホワイト



藻岩山山麓にある“ジェラテリアホワイト”さんにお邪魔してきました。
“cafe blue”というお店の姉妹店で、向かい合った所にあります。
店名通りジェラートがメインですが、それを使用した最中サンドやパフェも提供されています。
今回戴いたのは期間限定の『お花見パフェ』(¥1,150-)です。

ピンクと抹茶グリーンに彩られた和風パフェ。
トップは桜クリーム・桜クッキー・抹茶クッキー・
プチ串団子・抹茶チョコ・粒餡。
その下に抹茶ジェラート・桜ジェラート・あられ・砕いた桜クッキー・砕いた抹茶クッキー・青エンドウ豆・黒蜜ゼリー?という構成です。

桜ホイップは塩気があります。
抹茶チョコはとっても濃厚!
一般的な飾りのチョコと違い柔らかく、のんびりしていると折れてくるので注意
トッピングの桜クッキーと抹茶クッキーもサクサクした食感やバターの香り(発酵バターかしら?)が良く、それぞれの味わいもしっかり感じられて美味しいものでした。

抹茶ジェラートはソルトクリームのように滑らかで柔らかく、見た目以上に抹茶の苦みが効いています。
(ジェラッテリアソッリーゾの『濃厚抹茶』並み!)
桜ジェラートはホイップと同様塩気がありますね。
抹茶の後だと味が薄く感じてしまいます。
底のゼリーは澱粉っぽいむっちりとした食感でした。

手の込んだパフェで個々の要素も美味しく、食べていて楽しかったです。
抹茶ジェラートと桜ジェラートのテクスチャと味の濃さのバランスが取れれば(均衡がはかれれば)もっと良くなると思います。

ポムポムプリンのプリーミープリン/コールドストーン



コールドストーンクリーマリーさんで、可愛らしさについオーダーしてしまったメニュー。
サンリオのキャラクター“ポムポムプリン”とのコラボメニューです。

まず目を引くプリンくんはカスタード味のマシュマロでできています。
使われているアイスクリームは今回のために開発されたカスタードプリン味です。
ミックスインは標準ではキャラメルソース・オレオ・エムアンドエム。
私はエムアンドエムをカラフルマシュマロに変更して貰ったのでマシュマロ祭状態にw
食感までポムポム!?でなかなか良いセレクトだと思うのです。
また、こちらにはワッフルボウル(通常+¥50-)が標準で付いてきます。
こんなんだっけ?というくらい薄口でパリパリとした食感が良かったです。

以前にも『パワーパフガールズ』や『Fate』とのコラボをしていましたし、少し前には『アイアンマン』メニューも提供されていて、なかなか積極的かつ多方面ですね。
『VOCALOID』や『ファイブスター物語』とコラボして、カイト兄さんアイスとかずももアイスとかやらないかしら…やらないだろうなぁ…

プロフィール

アントワネット

Author:アントワネット
三度の飯よりスウィーツが好き。
ロールケーキに巻かれて果てるのが夢……と言いつつアイスクリームに溺れるのもいいなと思っている。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR