03
1
14
16
17
19
24
27
28
29
30
31
   

チョコバナナアイスクレープ/カーティスクリーク

チョコバナナアイスクレープ/カーティスクリーク

北見市のカフェ”カーティスクリーク”さんにお邪魔してきました。
元々『モカパフェ』を戴きにお邪魔したのですが、実際にメニューを見てみるとパンケーキやら豆乳プリンやらパフェ以外にもスイーツメニューが…
やたらバナナが食べたい気分だったので(サル?笑)こちらを併せてオーダーしました。
お値段は¥500-です。

クレープにバニラアイスとホイップを載せて折りたたんだ上にたっぷりのホイップとスライスバナナを盛り付け、チョコソースとチョコチップでデコレーションされています。
パフェにも使われているバニラアイスはトライアルのものでした。
マスターがこの手の(昔ながらの)アイスがお好きだそうで、トライアルのは安い割に美味しいですよね~と盛り上がりました(笑)

2種のスイーツを戴いた感じだと業務用素材の組み合わせという感じですね。
週末限定という『豆乳プリン』は手作りっぽいですが、難しい作り方をするものではないですし…飽くまでもメインはコーヒーということでしょうか。
その他のお飲物もチェリーコークやギネスビールがラインナップされていたりして興味深かったです。

マスターや常連さんとも色々お話させて頂きましたが、初対面なのに皆さん受け入れてくれる感じというか優しい空気感が満ちていて良い雰囲気だな~と思いました。
美味しいデザートが食べたい!という時は別のお店を選ぶべきですが、ロケーションに頼らず良い雰囲気の中で美味しいコーヒーが飲みたいとか人恋しくて誰かと話したいような気分の時に、温かく迎え入れてくれるお店ですね。

【カーティスクリーク】(Facebook)
https://www.facebook.com/curtiscreek2016/

スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

モカパフェ/カーティス・クリーク

モカパフェ/カーティスクリーク

北見市にある”カーティス・クリーク”さん。
ネットサーフ中に見つけたパフェの写真が良い感じでブックマークしていたお店です。
昼間はカフェ・夜はお酒も出すお店として営業されているようで、魅力的なメニューが色々ありましたが初志貫徹で『モカパフェ』(¥550-)をオーダーしました。

自家製コーヒーゼリーを使用したパフェ。
コーンフレークを使用しないのも拘りとのことです。
ゼリー・アイス・ホイップ・ゼリー・アイス・ホイップ・ゼリーと重ね、更にアイスを1スクープ&包囲するようにホイップ、頂上にコーヒー味のホイップとガーナリップルがトッピングされています。
丁度良い食感のゼリーは単体だと丁度良い濃さでこれだけの量があっても全く飽きが来ないのですが、ホイップやアイスと合わせるならもう少し濃い方が良いのではと思います。
あと、折角コーヒー豆を自家焙煎しているので、トッピングは市販のチョコではなくその豆を使用すると独自性も出るのではないかなと。
(単に私の好みですが…カリカリして苦味と香ばしさがあって好きなのです~)

パフェは他に『チョコレートパフェ』(¥580-)と『ミニモカパフェ』(¥400-)がありました。
前者は「バナナとチョコのよくあるパフェ」(byマスター)とのことです。

【カーティスクリーク】(Facebook)
https://www.facebook.com/curtiscreek2016/

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

駒場ロール/プチレーブ

駒場ロール/プチレーブ1
駒場ロール/プチレーブ2

網走市にある”プチレーブ”さんのロールケーキ。
元々シフォンケーキとプリンの専門店として始められましたが、最近はシュークリームや焼き菓子も充実しています。
最近はロールケーキも発売されたとのことで購入してみました。

スポンジで生クリームとカスタードを巻き込んだロールケーキ。
ぱっと見は普通っぽいですが、スポンジはメープルの香りがします。
ふんわり・しっとりとしたタイプで、素手で持つと指の後が付きそうなくらいソフトです。
生クリームは質の良さが伝わるミルキィな味わい。
私の舌ではピンときませんでしたがカスタードにも隠し味程度にメープルの香りづけがなされているとのことです。

お値段は¥1,080-と高くも安くもありませんが、質と量を考えると良いですね。
こういうシンプルなものこそ、可能なら毎日でも食べたいと思えるものです。

【ラ・ナチュレーブ】
http://la-natureve.com/

テーマ : 北海道スイーツ
ジャンル : グルメ

ベルガモット・メキシック/ラ・ナチュレーブ

ベルガモット・メキシック/ラ・ナチュレーブ

北見市にあるパティスリー”ラ・ナチュレーブ”さんでボンボン・ショコラを購入しました。
鏡になった台の上に宝石の如く並べられた様々なショコラの中から、今回は『ベルガモット』と『メキシック』を選びました。
お値段は1つ¥180-です。

ベルガモット…緑色の半球型をしたボンボン・ショコラ。
ビターチョコレートのシェルにベルガモットのガナッシュという構成です。
チョコの酸味とベルガモットの香りが合っており、コーヒーのような印象を抱きました。

メキシック…ビターチョコレートの中にクーベルチュール”メキシック66%”を使用したガナッシュを入れた一品とのこと。
調べたところカカオバリー社のクーベルチュールのようです。
こちらも酸味を感じるチョコレートで、66%という数値以上にカカオ感があり味わいもビターです。

かなり前に某大手さんのボンボンセレクションを頂戴したことがあり、その時は固くて見た目は綺麗だけれど高くてイマイチ…とあまり良いイメージがありませんでした。
でもこちらのは滑らかな舌触り、作りも丁寧でショコラティエ並の仕上がりですね。
お日持ちも購入時で約1か月半ありますし、こういうのを頂けたら嬉しいですね。

【ラ・ナチュレーブ】
http://la-natureve.com/

テーマ : チョコレート
ジャンル : グルメ

ビッグサンデー ソフトクリームのせ/カルネ

ビッグサンデー ソフトクリームのせ/カルネ1
ビッグサンデー ソフトクリームのせ/カルネ2
ビッグサンデー ソフトクリームのせ/カルネ3

北見市の国道を旭川方面に走っていくと右手に見えてくるファミリーレストラン”カルネ”さん。
朝早くから夜遅くまで営業されており、ライオンの描かれた看板に見覚えのある方も多いと思います。
1983年から営業されているということで、ベロア張りのボックス席や年季の入ったテーブルが良い味を出しています。
この日はずっと食べてみたいと思っていた『ビッグサンデー』(¥1,980-)を戴きにお邪魔しました。
折角なので贅沢して”ソフトクリームのせ(+¥220-)”で♪
いつも駐車スペースが取れないくらい混んでいるのですが、この日はまだお昼前だったので私以外に2組ほどしか客がおらず、10分超で提供されました。

冷やし中華に使われるような大きな硝子の器で提供されます。
リンゴ(飾り切り)・キウイ×2・オレンジ×3・冷凍ブルーベリー×6・バナナ3・冷凍マンゴー・枝付きチェリー・ラスク・ホイップクリーム・カラーチョコスプレー・セルフィユと盛り沢山です。
ところどころに冷凍クランベリーを刻んだものが散らしてあります。
アイスはバニラ・イチゴ(果肉入り)・チョコで、大きめのスクープでバニラが2つ・イチゴとチョコが3つずつ。
底にはコーンフレークが敷いてあります。

ソフトクリームはふんわり滑らかな口当たり、コーンはハネートップです。
ブルーベリーソースも果肉入りで好いですね。
ラスクは自家製でしょうか?
薄切りのフランスパンに薄くシュガーが溶けていてかなり好み!
以前『フランスパン工房』というお菓子がありましたがそれに似ていますね。
メニュー写真では個人的に好きなファンウエファーだったので「あれっ?」と思いましたがこちらも好いですね。

コーンフレークはプレーン。
普段はパフェに使われているとがっかり(量によっては減点)ですが、これだけボリュームがあるとアイスの溶けを遅らせる断熱材になるという利点がありますね。
アイスは割とさっぱり?、特別美味しい!とまではいかないものの悪くなく、イチゴ>バニラ>チョコの順に溶けやすかったです。
ホイップクリームは予想通りチープですが、この手のお店ならそれが“らしさ”でもありますね。
そしてフルーツのカッティングが凝っているのもこの手のお店らしさでしょうか。
リンゴのみならずオレンジもうさぎ型?とかお花型に型抜きされたキウイとか…
全体のバランス感覚(作り慣れている感)も見事です。

メニューには”2~3人で楽しみながら食べてみては”とありましたが、ぼっちなので独りで楽しく戴きましたw
ほとんど果物とアイスなので、『時計台パフェ』が食べられる人ならサラダ感覚でさらっといけますよ(笑)
流石にちょっと…という人の為に『カルネランド』(¥740-)というお一人様用もありました。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

アントワネット

Author:アントワネット
三度の飯よりスウィーツが好き。
ロールケーキに巻かれて果てるのが夢……と言いつつアイスクリームに溺れるのもいいなと思っている。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR